北川景子×芳根京子!役を超えた感情のぶつかり合い!『ファーストラヴ』メイキング映像到着!

(C)2021『ファーストラヴ』製作委員会
12月25日(金)

「動機はそちらで見つけてください」 ――アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺するという衝撃的な導入で始まる島本理生の小説『ファーストラヴ』。予測不能な結末と、タイトルの裏に隠された濃密なヒューマンドラマは2018年に発表されるや多くの話題を呼び、これまで恩田陸『蜜蜂と遠雷』や東野圭吾『容疑者Xの献身』など数々の映像化話題作が受賞してきた第159回直木賞を受賞。累計発行部数30万部を超えるベストセラーとなり、‟稀代の問題作“とも称された傑作サスペンス・ミステリーが日本映画界を代表するキャスト・スタッフで完全映画化。2021年2月11日(木・祝)に全国公開する。

主演を務めるのは、人を惹きつける芝居と端麗な容姿で幅広い層から絶大な支持を誇り、映画『スマホを落としただけなのに』の大ヒットも記憶に新しい北川景子。女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る、主人公の公認心理師・真壁由紀を演じる。原作のキャラクター設定に合わせ自らの発案で大胆にも髪の毛を 30cm 以上カットしたことでも話題になった。そして、父親殺しの容疑者・聖山環菜を芳根京子が演じる。

今回到着したのは、会うたびに供述が二転三転し感情の起伏が激しい容疑者・環菜を演じる芳根京子と、公認心理師としてその本心を読み解き事件の真相を明らかにしようとする由紀を演じた北川景子が向かい合う面会室での撮影の様子と、撮影を振り返る北川、芳根の安堵の表情を捉えたコメントの映像。ガラス1枚を隔てただけの面会室で、初めて、事件のカギを握る環菜の過去の記憶を由紀が紐解くという緊迫のシーンの撮影とあって、堤幸彦監督が丁寧に言葉と感情を共有しながらつけていく演出を受ける2人の対照的な表情や、思わず息をこぼしながら「重い…」とこぼす北川の姿から、それぞれが大きなプレッシャーと覚悟をもって臨んでいたことが窺い知れる。

北川はこの撮影を思い返しながら「全く初めましての女優さんではなく、芳根さんだったことはすごく良かった。すごく体当たりで、段取りから本気で泣くし、たくさん手も足も面会室にぶつけながら毎回100パーセントでぶつかってきてくれた。だから自分も、お芝居だけどうそじゃない本当の感情が出てきた」と共に向き合い乗り越えた芳根への感謝を明かし、一方の芳根も「以前北川さんとはご一緒させてもらっていて、だけどそんなに絡むシーンがあったわけではない。今回すごくうれしくて、爪痕を残すではないが、こういう風に成長したんだなって思ってもらえたらいいな、というのが一つの目標だった」と相手が信頼を寄せる北川だからこそ全身全霊でぶつかった熱演を振り返っている。

さらに今回の北川×芳根のメイキング映像に続き、公式Instagramでは北川×中村、北川×窪塚のメイキングも公開されることが決定!中村演じる事件の真相に迫る敏腕弁護士・迦葉が由紀と環菜は似ていると示唆するシーンや、由紀の夫・我聞を演じた窪塚が料理に挑戦するシーンの撮影風景、そして北川・中村・窪塚がお互いの印象を語るコメントも収められている。

『ファーストラヴ』メイキング映像

2021年2月11日(木・祝) 全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP