死にたいけど、殺されるのはイヤ。安楽死志願の未成年12人による密室サスペンス『十二人の死にたい子どもたち』若手超オールスターキャスト大集結!

©2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
11月21日(水)

ベストセラー作家・冲方丁原作で、第156回直木賞にも候補作となり話題となった冲方自身初となる現代サスペンスの傑作の実写映画化『十二人の死にたい子どもたち』のキャストが遂に解禁された!!

モザイクの外れたポスターから顔を出したのは、杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜という、今年の日本映画界をことごとく席巻した、若手超オールスターキャスト。更に今回、数々の若手俳優を発掘し続けてきた堤幸彦監督からの白羽の矢が止まったのは、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗といった将来の活躍が期待される6人の俳優。ここまでで名前が挙がったのは11人。そして一人、モザイクを外してもなお、マスクと深めに被ったニットで顔が見えない12人目のキャストの名は秋川莉胡――彼女は一体誰なのか。キャストを解禁してもなお、深まっていく謎が、世間を更に賑やかせそうだ。

また同時に解禁された本予告では、12人の若手超オールスターキャストが、廃病院に集合し、その力を十二分に発揮した感情剥き出しの演技バトルが終始繰り繰り広げられている。さらに、集団安楽死をするために集まった12人の未成年の前に、想定外の13人目の死体が現れる。この12人の中に人殺しの犯人がいるという現実に、状況が一変し、12人は全員が殺されるかもしれない立場に・・・

「SPEC」「イニシエーション・ラブ」の監督が仕掛ける、出口無しのノンストップ未体験・密室サスペンスゲームの幕が上がる。

『十二人の死にたい子どもたち』本予告

2019年1月25日(金)全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP