豪華な兄弟妹たちのキャスティング理由とは︖『さくら』美男美⼥の3兄弟妹を捉えた新カット到着!

(C)西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会
11月20日(金)

累計60万部を突破する直木賞作家・西加奈子の同名小説の映画化で、現在公開中の『さくら』より新カットが解禁された。

本作で登場するのは、サクラと名付けられた1匹の犬と5人の家族。そして、彼らにとって大切なひとたちだ。3兄弟妹を演じる北村匠海、小松菜奈、吉沢亮のキャスティングに当たって、美男美女であり、演技力、そして全体像として、父母候補含め家族に見えるか、という部分に重きをおいて進められたことをプロデューサーが明かす。

物語のなかで主人公である次男・薫のモノローグが多いことから、“その優しい声が魅的”である北村匠海が薫役に決定。物語の縦軸にもなる末っ子・美貴を、ある種の中性感があり、自分の感性に忠実に⽣きる様がリンクする小松菜奈に、そしてヒーローであるハジメのような存在感を持ち、北村・小松の兄を演じられる唯⼀の俳優として吉沢亮が長男・ハジメ役にキャスティングされた。こうして、原作から飛び出てきたかのようなイメージぴったりの兄弟妹が誕生した。

今回解禁された写真は、成長し多感な時期を迎えた3兄弟妹の様々な表情を切り取ったもので、物語の中で様々な壁にぶつかりながらも成長していく3人の姿を想像することができる写真となっている。




『さくら』公開中!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP