ISから息子を救出した家族の奇跡の実話『ある人質 生還までの398日』日本版予告編到着!

(c)TOOLBOX FILM / FILM I VÄST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019
11月20日(金)

2013~2014年、398日間にわたってIS(イスラム国)の人質となり、奇跡的に生還した若き写真家が体験した地獄と、救出のために奔走した家族の398日間を追った衝撃の実話を映画化した『ある人質 生還までの398日』より、日本版予告編が到着した。

ジャーナリストのプク・ダムスゴーが書き上げた「ISの人質 13カ月の拘束、そして生還」(光文社新書刊)を原作に、398日間にわたってシリアで過激派組織IS(イスラム国)の人質となり、奇跡的に生還を果たしたデンマーク人写真家ダニエル・リューの過酷な体験と、決して諦めなかった家族の奔走をスリリングかつ感動的に描き出した本作。

今回解禁となった予告編では、冒頭“ぼくは生きて帰れるのかー?”という言葉とともに、薄暗い場所で手を鎖でつながれ吊るされ、息も絶え絶えに怯えるダニエルの姿と、熱い思いを抱き、戦争の中の日常を撮るため、内戦中のシリアに渡った24歳のダニエルが突然ISに拘束されてしまう場面が続き、ダニエルの心情が伝わってくる。
一方ダニエルの拘束を知った家族は、アナス・W・ベアテルセン演じる専門家に協力を依頼するも、「デンマークはテロと交渉しない」という政府からの非情な通達を受ける。さらに身代金の金額を上げてくるISの要求に狼狽するが、救出を諦めない家族の様子と、ダニエルや他の人質たちの地獄のような状況が交互に描かれ、もし自分が同じ立場だったら…と想像せざるを得ないだろう。死と隣り合わせの人質シーンのために8キロ減量し、ダニエル・リュー本人から何度も話を聞くなど徹底的な役作りをしたエスベン・スメドの鬼気迫る表情からも目が離せない。 

ニールス・アルデン・オプレヴ監督は、「本作は壮大なドラマ。人生の真っ只中で自分の死を悟りながらも、人生と愛に対する信念を私たちに継承してくれる、ダニエルという一人の男性の物語であり、生と死、生き残り、心の回復の物語に他ならない」と作品への思いを語る。 ISなどの過激派による誘拐は、日本に暮らす我々にとっても他人事でない。壮絶な真実が伝える我々へのメッセージをスクリーンで確かめてほしい。

『ある人質 生還までの398日』予告編

2021年2月19日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ有楽町にて公開!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP