『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』“クイズ王”伊沢拓司による徹底解説映像が到着!

(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会
11月12日(木)

『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』クイズプレイヤーとして数多くのメディアに出演する伊沢拓司による、3分でわかる『ドクター・デス』特別解説映像が解禁となった!

伊沢は中学時代より開成学園クイズ研究部に所属し開成高校時代には、全国高等学校クイズ選手権史上初の個人2連覇を達成。林修先生の教え子でもある、東大卒知識モンスターとして「東大王」(TBS)や「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日)など数多くの番組に出演し、「楽しいから始まる学び」をコンセプトに立ち上げたWEBメディア『QuizKnock』で編集長を務め登録者数153万人を超えるYouTubeチャンネル『QuizKnock』の企画・出演を行うなどマルチに活動している。

解禁となった特別映像では、伊沢がドクター・デスのモデルとなった医師ジャック・ケヴォーキアンについて解説をしている。ジャック・ケヴォーキアンとはアメリカの病理学者で元医師という経歴を持ち、自殺幇助、安楽死の研究を進めるうちに『誰にでも死ぬ権利はある』と積極的安楽死推進論者となり、自作で安楽死幇助装置を完成させ、130人に及ぶ患者を殺害し「死の医師(ドクター・デス)」と呼ばれていた。人の命を救うはずの医師が、なぜ自殺幇助に手を染めるようになったのか、わかりやすく解説した映像となっている。

ジャック・ケヴォーキアンの意思を継承し、”生きる権利”と”死ぬ権利”は平等にあると唱える連続猟奇殺人犯が本作に登場するドクター・デスだ。映像では《殺人依頼は闇サイトから》、《報酬は0円》、《殺害の手口は安楽死》、《遺族に感謝されている》、《安楽死した人を撮影する》とドクター・デスの行動パターンも解説。誰でもわかりやすく作品を楽しむことができる映像に仕上がっている。

伊沢拓司の3分でわかる『ドクター・デス』

未だ謎に包まれたドクター・デスの正体。猟奇殺人犯か?それとも救いの神か?ドクター・デスを演じているのは誰なのか、是非劇場でその正体を目撃したい。

11月13日(金) 全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP