『泣く子はいねぇが』吉岡里帆、“初の母親役”で緊張感溢れる現場でのオフショット解禁!

(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
11月10日(火)

是枝裕和もその才能に惚れ込んだ、新進気鋭の監督・佐藤快磨の劇場デビュー作で、第68回サン・セバスティアン国際映画祭で最優秀撮影賞を受賞した、仲野太賀主演の映画『泣く子はいねぇが』より、初の母親役を演じる吉岡里帆のオフショットが到着した。

本作は、監督・脚本・編集の佐藤快磨が、秋田県・男鹿半島の伝統文化「男鹿のナマハゲ」から、“父親としての責任”、“人としての道徳”というテーマを見出し、親になることからも、大人になることからも逃げてしまった主人公が、過去の過ちと向き合い、不器用ながらも青年から大人へ成長する姿を描いた完全オリジナル作品。9月に行われたサン・セバスティアン国際映画祭(スペイン)のオフィシャルコンペティション部門で鮮烈のワールドデビューを果たした本作は撮影の月永雄太が最優秀撮影賞を受賞!続くシカゴ国際映画祭や東京フィルメックスにも正式出品されるなど国内外でも注目されている。

大人として、そして父親としての自覚も曖昧な主人公たすく(仲野太賀)の元妻・ことねを演じた吉岡里帆は、娘を一人で育てるために懸命に働き続け、生活に疲れ切った母親をリアルに演じ、新境地を切り拓いたと話題を呼んでいる。特に、たすくの母・せつ子(余 貴美子)との久々の再会シーンは、多くを語らず何気ない会話と表情で、“元嫁と元義母”という微妙な関係性と互いを思いやる心情を表現した名シーンとなっている。

今回到着したのは、そんな重要なシーンの撮影現場で緊張感溢れる現場の休憩時間に吉岡里帆が見せた動物たちとの癒しの時間をとらえたオフショット。予告や場面写真で見せる、ことねの険しい表情から一転した、リラックスした素の吉岡の笑顔を収めた2枚。大の動物好きで、実家でもたくさんのペットを飼っているという吉岡の貴重なオフショットだ。

11月20日(金)より新宿ピカデリー他全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP