「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選」大ヒット・スタート!ジャン=ポール・ベルモンドよりコメント到着!!!

11月5日(木)

全国で記録的かつ社会現象を巻き起こす大ヒット驀進中の『鬼滅の刃 無限列車編』に続き、公開規模こそ異なるものの、更なるヒットが映画館から飛び出した。10月30日(金)に新宿武蔵野館で初日を迎えた 「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選」が多くの観客を集め 、 土日の上映回で満席を続出!公開から3日間の累計で動員1,389人、興収1,934,200円をあげる好スタートをきった。そこでなんと、フランスのジャン=ポール・ベルモンド本人から、本傑作選に寄せてコメントが到着した!

数週間前から劇場への電話問合わせが殺到していたことから、当初1日4回を予定していた上映数が急遽追加され、1日6回の上映となった他、公開二日目の31日(土)には、本傑作選の配給プロデュースを手掛けた映画評論家・江戸木純が、終日、映写室から影マイクを使って解説を行う“生解説”付上映を実施するなどの試みも好評を博している。

60年代から80年代にかけて大活躍したフランスの国民的スター、ジャン=ポール・ベルモンドの主演作は、「ルパン三世」や「コブラ」といった日本のコミックやアニメ、また、ジャッキー・チェンやトム・クルーズ など後世のアクション映画に多大な影響を与えたといわれており、本傑作選に訪れる観客の多くは50~60代の中高年男性層が中心だが、一方で、ベルモンドの出演映画を見るのは初めてという若い映画ファンや女性層も予想以上に足を運んでおり、劇場内は 「ベルモンドが演じる生身の肉体を駆使したアクション」への驚きと 興奮にあふれ、終映後に拍手が沸き起こる回も度々。

近年、興行成績の首位をアニメが独占するなど、大人の映画ファンが安心して楽しめる作品が少ない中、 コロナ禍で映画館から 遠ざかっていた中高年層がベルモンドの復活によって呼び戻されたことは、 映画界全体にとって明るい ニュースといえる。

☆新宿武蔵野館のコメント☆
「コロナによる休館後の劇場再開以来、“ベルモンド傑作選”は 最高のオープニングのひとつ となっています。鑑賞後の満足度もとても高く、続けて他の作品をご覧くださる お客様が大勢いらっしゃいます。初日が開けてからも問合わせが 続いており、中高年層にしっかりと足を運んでいただけていることから、平日も安定した興行が期待されます。」

★ジャン=ポール・ベルモンドからのコメント★
日本の皆さん、こんにちは。日本の観客の皆さんが、私の映画を再発見してくれることをとてもうれしく思っています。 舞台「シラノ・ド・ベルジュラック」の日本公演(92年)の際、日本滞在中に本当にいろいろと素晴らしい経験を沢山させていただきました。今でもとてもいい思い出として、昨日のことのように強く記憶に残っています。
今回上映される8作品はどれも私にとって重要な作品です。私には4人の子どもがおりますが、私は自分の出演した映画をまるで我が子のように思っており、どれも大好きで、愛しています。それぞれに個性的で、素晴らしい作品揃いです。ですから、どれか1本ではなく、できればすべて見て欲しいです。
アクション・シーンはどの映画も私自身で演じました。通常は保険の関係で俳優が望んでもやらせてもらえませんが、多くの作品で私自身がプロデューサーも兼ねていたからできたことです。ジャッキー・チェンやトム・クルーズが自分で危険なアクションを演じられるのもプロデューサーを兼ねているからでしょう。
数多い出演作の中から、私自身にとって最も重要なアクション・シーンをひとつ挙げるとすれば、『ムッシュとマドモアゼル』の飛行機の上に立つスタントです。あのスタントは、映画史における最初のスタント兼俳優の一人であるローラン・トゥータンにインスパイされ、リスペクトを込めて撮った場面だからです。また、『恐怖に襲われた街』のヘリコプターを使ったアクションや地下鉄の屋根の乗ったスタントは、自分でも凄いことをしたと印象に残っています。私が全力を傾けて作った映画たちを、ぜひ映画館のスクリーンで楽しんでいただきたいと思います。


「ジャンポール・ベルモンド傑作選」は現在新宿武蔵野館にて大ヒット公開中ほか全国にて順次ロードショー!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP