大反響を呼んだ圧倒的な作画の秘密が明かされる!『羅小黒戦記』美術設定画一挙大公開!

(C) Beijing HMCH Anime Co.,Ltd
10月17日(土)

『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』からシャオヘイ、ムゲン、フーシーの主要3キャラクターと細部まで描きこまれた設定資料が一挙公開された。

キャラクター設定画では目、鼻、眉など顔のパーツ一つ一つがそれぞれのキャラクターによって細かく書き分けられており、衣装も袖のたるみや肩口のシワなど細やかなポイントまで描きこまれていることがよくわかる。
また、美術の設定画では本作の世界観を表す壮大な建造物の設定画や荘厳な雰囲気を感じさせる自然の風景を見ることができる。
なんといっても本作の魅力の一つに細部まで描きこまれた圧倒的なクオリティの作画がある。字幕版(‘19年9月公開)が公開されるやいなや、最初から最後まで一切の妥協が感じられない作画や背景の冴えがSNSを中心に反響を呼び、公開後約1年に渡る異例のロングランヒットを記録した。原作・監督のMTJJはそんな作画を生み出した自身の手描きのスタイルについて「自分が好きで、得意だから手描きのスタイルで制作しているんです」と語っている。

魅力溢れるキャラクターたちが素晴らしい景色を背に駆け巡る姿を是非劇場の大きなスクリーンでご覧いただきたい!

11月7日(土)全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP