日本を代表する振付師akaneプロデュース‼ 心躍る!「えんとつ町のプペル」プペルダンスMV解禁!

(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会
9月29日(火)

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が監督を務め、2016年の発売以降、ロングラン大ヒットを記録し、累計発行部数48万部という驚異的な数字を叩き出した話題の絵本を原作とした、アニメーション映画『映画 えんとつ町のプペル』。本作は、いつも厚い煙に覆われ、空を知らない「えんとつ町」を舞台に、えんとつ掃除屋の少年ルビッチと、ゴミから生まれたゴミ人間プペルが巻き起こす、“信じる勇気”の物語。緻密に表現された絵の世界観と、大人も泣ける物語の展開に絵本の人気はとどまることを知らず、東京タワー、エッフェル塔など国内外での絵本展の開催などグローバルな展開を見せてきた。

今回は、西野亮廣が作詞・作曲を手掛け、ロザリーナが歌唱する楽曲で、絵本から始まったこの一大プロジェクトを象徴する楽曲「えんとつ町のプペル」にあわせ、子供たちが仮装して踊るプペルダンスMVが新たに誕生した!本作はハロウィンの夜におきた奇跡の物語。その世界観そのまま、現実の世界に「えんとつ町」でのハロウィンパーティを模した、ワクワクするステージが作られた。ステージ上では子供たちがニコニコした笑顔で小さな体を目一杯広げ、しっかりと揃ったダンスをするや否や、それぞれが慌てふためくようなバラバラなダンスもする、緩急が織り成すダンスも見どころになっている。

ダンスの振り付けを、大阪府立登美丘高校ダンス部コーチとして、日本高校ダンス部選手権二連覇に導き、映画「グレイテスト・ショーマン」のPR大使としてPV振り付けを担った、日本を代表する振付師akaneが監修しており、子供から大人まで世代を超えて一緒に踊れるプペルダンスを制作。akaneは、今回のダンス振付とMVの映像監督を務めるにあたり「西野さんから“長く愛される作品にしたい”と言われたことが大きなヒントになりました」と語り、西野も「akaneさんにお願いしたことは間違いではなかったと思いました。本当に素晴らしいものが出来上がりました」と大絶賛した。

「映画 えんとつ町のプペル」主題歌ダンスver

12月より 全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP