全米初登場No.1!中国では、ノーラン史上最高のオープニング興収を樹立!『TENET テネット』「観客を連れ戻した」と各誌絶賛!各界著名人からのコメントも到着!

(C) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
9月7日(月)

『ダークナイト』シリーズ、『インセプション』『インターステラー』『ダンケルク』と斬新なアイデア、驚異的ビジュアル、圧倒的なリアリティで、観客に新たな世界を体験させ続ける“世界でも最も次回作が期待される映画監督”クリストファー・ノーラン。彼の集大成にして最高傑作の呼び声高いタイムサスペンス超大作『TENET テネット』。

8月26日から41の国と地域で公開され、業界関係者や事前報道の予測を大幅に上回る興行収入5,300万ドルのオープニングを記録した本作が、遂に9月3日(木)から全米、中国が公開された。いまだ、ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコなどのある大都市の劇場が制限されている中、本作『TENET テネット』が米国2,810館で上映がスタート。本作を皮切りに、アメリカ最大チェーンのシネコンAMCは、客席数を25〜50%に制限させ、65-70%の劇場をオープン。このような状況下にも関わらず、9月4日(金)~9月6日(日)の3日間の週末興行収入は、2,020万ドルのオープニング記録を達成、劇場封鎖となった3月以降で、断トツのNo.1の大ヒットとなった。「The New York Times」「Variety」「Deadline」などの各誌は、“『TENET テネット』 により、映画界の復活と言える素晴らしいスタートを切り、観客を映画館に連れ戻した”と一斉に報道しており、本作で “世界を救うキーワード”として描かれる『TENET テネット』が、タイトル通り世界中を席捲している。
また中国では、興行収入3,000万ドルを超え、過去のクリストファー・ノーラン作品でも歴代No.1の大ヒット。IMAX®フォーマットでは、今年最高の数字をたたき出した。公開2週目となる世界各国の興行累計は、イギリスでは1,310万ドル、フランスでは1,070万ドル、ドイツでは870万ドル、韓国では820万ドルと、前週から落ちることなく興行をキープ。特にイギリスでは国内市場の70%近く、ドイツでは50%以上を占めるほど、『TENET テネット』現象が吹き荒れている。そして全世界では、累計1億5,000万ドルに迫る、1億4,620万ドルという興行収入を達成した。

本作では、世界7カ国を舞台に、70ミリフィルムのIMAX®カメラで、ありとあらゆる「本物」を撮影したノーラン監督。本物のジェット飛行機を爆破させ、8キロに及ぶ高速道路を3週間封鎖したカーアクションを繰り広げるなど、想像を上回る大規模な撮影を敢行、最高の映画体験をつくりあげた。想像を超えた映像体験と映画を観られる喜びに多くの観客が歓喜、世界中でいま称賛の声が降り注いでおり、先日、ロンドンで行われたプレミアム上映に参加したトム・クルーズも自身のSNSで「大作映画。大スクリーン。すばらしかった」とコメント。1人の映画ファンとして映画体験の帰還に最大級の賛辞を贈った。

COVID-19以降、初の全世界公開の大作映画としてスタートを切った本作。他、競合作品がないことから長期に渡るロングランが見込め、Rotten Tomatoesのオーディエンススコアでも80%の高評価(※9/6時点)を記録していることから、さらなる大ヒットに期待がかかる。時間が“逆行”するという未知なる映像体験が、あなたの常識を一瞬で吹き飛ばす!驚異のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作の公開までもうすぐだ。

またこの度、各界著名人から絶賛コメントも到着した!

◇カズレーザー(メイプル超合金)(お笑い芸人)
「ターミネーター2」と「バック・トゥー・ザ・フューチャー」を足して「カメラを止めるな」を掛けたような映画。ストーリー全体が伏線回収の連続で、パズルが噛み合っていく楽しさと謎が解けていく気持ちよさがあって、こんな映画観たことない。

◇GACKT(ミュージシャン)
ボクは二度観たが、未だに謎が多い。何度も観てハマッてくれ。新しい時間の概念に、ぶっ飛ばされ、面白いとか、難しいとか、そういう単純な言葉じゃ陳腐すぎる。言葉でも表現できない圧倒的な映画だ。観る我々は、主人公と一緒に逆行体験していく。オマエは、新しい時間の概念を手に入れることができるか!?

◇岩田剛典(俳優)
逆行する映画を観たくないですか!?これは、時間を目で観る初めての映画。アニメや漫画でしかできない表現を実写でやるのが、ノーラン監督変態的です笑。唾を飲み込む音が聞こえ、放心状態になりながら、謎を体感していく映画館のリアル脱出ゲーム体験。

◇LiLiCo(映画コメンテーター)
一回観て、わからん!2回目観て、なんか感じた!もう一回観よ!あっ、ノーラン監督のトラップにすっかりハマってしまった!映像も音も脳を刺激する!"

◇山﨑貴(『STAND BY MEドラえもん2』監督)
まさに「ドラえもんスーパーハードバージョン」あるいは映像による150分の回文。始まりが終わりで終わりが始まりで、アレがこれでコレがあれで…脳みそが確実にオーバークロックします。ノーランはまたもや誰も足を踏み入れたことの無い場所にとんでもないエンタメの金字塔をうち立ててしまいました。

◇大友啓史(『るろうに剣心』シリーズ監督)
冒頭から、いきなり未体験ゾーンに放り込まれる。生々しさに満ちた迫真の映像と、全身を揺さぶる音響体験。時間軸の常識を破壊する、緻密に張り巡らされた迷宮世界。驚きのつるべ打ちに心を奪われ、一瞬たりとも見逃せない。"逆行"をめぐるノーランの壮大な実験は、コロナに喘ぐ我々の「生きる時間」をも逆行させ、観客を劇場での原初的な興奮に引き戻す。映画への圧倒的な信頼と、それを成立させる精緻な美意識と最先端の技術。そして、研ぎ澄まされた創造への狂気。たまらない。あと数回観ないとね。

◇羽住英一郎(『太陽は動かない』監督)
ノーラン監督によって複雑に張り巡らされた罠と驚きに満ちたこの世界を、圧倒的なまでにブレない主人公のヒロイズムが観客の心を掴んで離さずに一気に駆け抜けさせる!観終わった瞬間からすぐにでも二度三度と観たくなる衝動を抑えきれない衝撃作!

◇小泉徳宏(『ちはやふる』監督)
もうなんか、なにもかもが“異次元”。そんなありがちな賞賛を言葉通りの意味で使えてしまう凄まじさよ。この時代にあってもなお、真に映画館で体験するべき映画を生み出せる、数少ない映画監督の一人。早々に業界を引退して、黄昏の時を生きながら、ノーランさんの新作を楽しみに待ち続ける人生も悪くないな、って思わせられた。

◇白石和彌(『孤狼の血』監督)
疾走感のある目まぐるしい展開に脳髄からドーパミンが溢れて逆流する。ノーランだけがたどり着くことのできる超絶映画。この映画体験を逃したら、これ以上の人生の損はない。可能な限りデカいスクリーンで見るべし!

◇樋口真嗣(『シンゴジラ』監督)
凄い。凄すぎて一度観ただけでは その凄さが正確に把握できないではないか。普段使わない部位に刺激があったのだろう、一日経った今でも脳幹が痺れている。凄すぎて今まで観たどの映画も当てはまらないし凄すぎてこれから先、誰もマネができない。異生物も、ヒーローも、宇宙船も出てこない。我々が暮らしている世界にあるものを組み合わせただけなのに、その刺激的な体験に、後からじわじわと興奮がこみ上げてくる。二度、三度観ても、新たな発見と驚きが待っているだろう。映画って凄い!

◇糸井重(「ほぼ日」代表)
客席のぼくらの居場所をぐしゃぐしゃにする。時間が前に向かって流れていると信じているから、安定して生きているのに!わやわややがな。なんにも考えなければ、予算使い放題みたいなアクションシーンの大盛りだから、大爽快なんですよ。

9月18日(金)全国ロードショー!
IMAX®/Dolby Cinema™/4D同時公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP