清原果耶×桃井かおり 奇跡のバディが早くも話題に!『宇宙でいちばんあかるい屋根』本編映像が緊急解禁!!!

(C) 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
9月7日(月)

小説すばるで新人賞を受賞するなど、多くの読者を魅了する作家・野中ともその大人気小説「宇宙でいちばんあかるい屋根」(光文社文庫刊)待望の映画化。

公開後のSNS上での多くの口コミを受け、本作から初となる本編映像が解禁となった!今回解禁になったのは、主演・清原果耶演じるつばめと桃井かおり演じる星ばあが屋上で、映画のキーワードである“屋根”について会話を交わすシーンだ。
「まずは屋根を見るところから始めなきゃなだな!」と突然言う星ばあに「屋根?」と不思議がるつばめ。月明かりに照らされた屋根の美しい景色が広がる中、「屋根を見ると、どんな人間が住んでるか分かるんだよなあ」と言う星ばあにあまりピンときていない様子のつばめ。「自分がどんな屋根の下に住んでるか知ってる人は強いよなあ、自分を分かってるってことだからなあ」と星ばあが言うと、つばめは何か思ったかのように目を伏せ、「私はどんな屋根の下で生まれたのかなあ」と言う。「ありゃあダメだね」とつばめが住んでいる家の屋根を一蹴する星ばあだが、それでも所在無さげなつばめ。「違くてさ、今の家族になる前の屋根―」とつばめが自身の複雑な家庭環境を星ばあに明かすところで映像は幕を閉じる。
クランクイン前日にLAから来日した桃井は屋上のシーンで清原と初対面だったというが、藤井道人監督はそんなふたりについて、「清原さんと桃井さんは正反対のタイプですが、初日からいい映画を作りたいという気持ちが通じ合っていたのを感じました」と劇中のつばめと星ばあさながら、異色ではあったものの、抜群のコンビネーションであったことを明かしている。「美しい映像に魅了された」、「絵本のような世界観」、「やさしくて綺麗な映画」、「清原さんと桃井さんの演技に圧倒された!」「今まで見た映画でいちばん泣けた」など映画の口コミは広がっており、公開から早くも圧倒的な演技力と存在感で話題沸騰中の清原と桃井の共演は是非スクリーンでお見逃しなく。

『宇宙でいちばんあかるい屋根』本編映像

大ヒット公開中!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP