白濱亜嵐、平祐奈W主演『10万分の1』追加キャストに優希美青、白洲迅、奥田瑛二が決定!

(C)宮坂香帆・小学館/2020映画「10万分の1」製作委員会
8月12日(水)

EXILEのパフォーマーであり、GENERATIONS from EXILE TRIBEのリーダーを務める白濱亜嵐『honey』『未成年だけどコドモじゃない』の平祐奈がW主演する映画『10万分の1』が11月27日に公開することが決定し、追加キャストが発表された。

原作は、『「彼」first love』、『僕達は知ってしまった』など数々のヒット作を生み出したピュアラブの名手・宮坂香帆の最新作『10万分1』。小学館『Cheese! 』で連載がスタートし、2016年1月単行本が発売。「この漫画がすごいWEB」で紹介されると一気に火がつき、「今一番泣ける漫画」とSNSで口コミが広がり、120万部突破の大ヒットを記録。

今回、追加出演が発表された優希美青が演じるのは、平祐奈演じる桜木莉乃(さくらぎ りの)の親友・橘
千紘(たちばな ちひろ)。そして、白洲迅が演じるのは、白濱亜嵐演じる桐谷蓮(きりたに れん)の親友の比名瀬祥(ひなせ しょう)。千紘と比名瀬は恋人同士という役柄で、蓮と莉乃の恋を一番近くで応援してくれる頼もしい存在。そして奥田瑛二が演じるのは、両親のいない莉乃を男手一つで大切に育ててきた莉乃の祖父・桜木春夫(さくらぎ はるお) 。本当に大切なものは何かが見え始めたこの時代に、人と人のつながりの素晴らしさを描き、どんな逆境にも立ち向かう力をくれる感動の純愛ラブストーリー。

特報映像は、白濱演じる蓮の「大丈夫だよ莉乃、俺が守るから」というセリフとともに混み合う電車の車内で莉乃をさりげなく人混みから守る白濱にドキッとさせられるシーンから始まる。その後、始まったばかりの二人の恋が感じられる笑顔あふれるシーンが続き、突如、莉乃の体に異変が起きたことを感じさせるシーンへと。「どんな未来でもかまわない、二人で迎えに行こう」というナレーション、“僕の「好き」は、一生君のもの”というコピーが続き、二人に立ちはだかる困難と強い想いを感じさせる。最後には、キーアートにもなっている駅のホームで見つめ合う二人の姿に、「俺たちずっと一緒だよ」というセリフが心に響く。

『10万分の1』特報

11月27日(金)全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP