北村匠海、小松菜奈、吉沢亮 が兄弟妹役で共演『さくら』予告編解禁!主題歌に東京事変の書き下ろし曲が決定!

(C) 西加奈子/小学館 (C)2020 「さくら」製作委員会
8月6日(木)

西加奈子のベストセラーが原作の映画『さくら』の公開日が11月13日(金)に決定し、合わせてメインビジュアル、予告編が解禁された!

原作は累計55万部を突破する直木賞作家・西加奈子の同名小説。登場するのは、サクラと名付けられた 1匹の犬と5人の家族。そして、彼らにとって大切なひとたちだ。矢崎仁司監督のもと、長谷川家の兄弟妹を演じるのは北村匠海、小松菜奈、吉沢亮という人気、実力を兼ね備えた俳優陣。 3人の母を寺島しのぶ、父を永瀬正敏が演じ、彼らと出会う女性キャラクターには、小林由依(欅坂 46)、水谷果穂、山谷花純というフレッシュな顔ぶれがそろった。

解禁されたビジュアルは、映画の中心となる兄弟妹がそれぞれ何かを見つめている姿と、桜の木の下で笑顔を向ける家族の風景。そしてそれらを愛犬サクラが優しく、全てを包み込むようなまなざしで見つめているもの。長男の死をきっかけに残された家族が傷つき、様々な困難にぶち当たり、“きれいごとじゃない”姿をさらけだしていく様子も垣間見ることができる。

また、合わせて解禁された予告編では、“足りないものなんて何もなかった”はずの一家に訪れた長男ハジメの死をきっかけに、家族がバラバラになっていく様子が、東京事変が手掛けた主題歌「青のID」と劇中曲を手掛けたアダム・ジョージのピアノの旋律とともに描かれている。また、本作が映画初出演となった欅坂46の小林由依演じるカオルが、小松演じる美貴に好意を伝えるシーンも収められている。

『さくら』予告編

<矢崎仁司監督>
小説を映画にする時、一番大切にするのは読後感です。何度も泣いたし、いっぱい笑った、そして元気をもらったこの家族を描きたいと思った。素晴らしい俳優たちとサクラを演じた犬のチエちゃんとの奇跡的な出逢いで生まれた映画です。試写室ですすり泣く声を聞いたのも初めてですが、何より嬉しかったのは、涙より笑い声が起こったことです。「生」を描くには分母に「死」があり、「哀しみ」を描くには分母に「笑い」が必要です。きっと、この家族との出会いが、今の長いトンネルの先の一筋の光になってくれると信じています。最後に届けられた東京事変の主題歌 『 青のID 』 は、今だからこそ、世界に愛を叫ぶ、新しい喜劇の産声のように聞こえました。この家族に会いに来て欲しい。きっと元気になるから。

11月13日(金)全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP