『新解釈・三國志』忠義の若武者に岩田剛典!絶世の舞姫に渡辺直美!

(C)2020「新解釈・三國志」製作委員会 
8月3日(月)

コメディ界屈指のヒットメーカーとして活躍の場を広げる福田雄一監督のオリジナル脚本の実写映画化『新解釈・三國志』に、岩田剛典と渡辺直美の参戦が決定した!

岩田が演じるのは、大泉洋演じる劉備の人柄に惚れ込み臣下となった武将・趙雲(ちょううん)。まだ乳飲み子であった劉備の息子を抱え、単騎で敵陣を突破するほどの闘志と誠実さを持ち合わせていた、という逸話が残る趙雲は本作ではどのように活躍するのか?岩田は福田雄一監督作品に初出演となる。

そして、渡辺が演じるのは、三國志の中では絶世の美女で、歌舞に優れていたと知られている貂蝉(ちょうせん)。本作でも注目度の高い貂蝉は、福田流・新解釈でどのように解釈されているのか!?妖艶でミステリアスな貂蝉に目が離せない。

パフォーマーとして活躍する岩田と、ワールドツアーを成功させNYでのパフォーマンス経験もある渡辺の、実力派の2人が“チーム舞”として、美しさと舞いで観るものすべてを魅了いたします!今回解禁される新しいメイキング映像では岩田・渡辺の舞いに、思わず笑いが我慢できない(!?)大泉らの姿もあり、ファン必見の映像となっている。毎月三國志の3に合わせて行われている新キャストの解禁。続々と豪華キャストが明らかになっていく中、来月の9月3日は、はたして誰が解禁になるのか・・・ますます目が離せない!

<岩田剛典コメント>
この度、福田監督作品に初参加させて頂きとても光栄に思います。とにかく笑いの絶えない、楽しく刺激的な現場でした!特に渡辺直美さんとのシーンでは笑いを堪えるのが大変すぎてみなさん、もはや堪えるのを諦めていました。僕が演じさせて頂いた新解釈な趙雲は「鼻につく自称イケメン将軍」ということで自分の中でも新しい世界だったのですが、変な汗をかきつつ色々なことをやっていたら、気付いたらオールアップしていました。公開を楽しみにしていてください!

<渡辺直美コメント>
お話をいただいた時、何故か貂蝉と張飛を読み間違えて、台本の最初の数ページ、張飛のセリフ覚えてました。「うわ、屈強な男役どうしよう…」と震えてたら違いました(笑)二人の男が絶世の美女を奪い合うんですが、まさかのその絶世の美女役でした(笑)
貂蝉のあるシーンで福田監督が、「ここのシーンはフリーでやっちゃっていいよ!」と言ってくださったんですが、中々カットが掛からず、テンパって後半意味不明な言動をした事を覚えています。それを福田監督が笑いながらOKをした時に、何故か興奮しました(笑)
明るくて爆笑の現場、福田組にまた参加出来て嬉しかったです!

『新解釈・三國志』メイキング映像第五弾

12月11日(金)全国東宝系にて公開!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP