『劇場』上海国際映画祭へ!プレミア上映チケットは19分で完売!!

(C)2020「劇場」製作委員会
7月31日(金)

芥川賞作家・又吉直樹が描く“初の恋愛小説”を行定勲監督が実写化し、主演に山﨑賢人、ヒロインに松岡茉優を迎えた映画『劇場』。7月17日(金)よりユーロスペース他全国のミニシアター中心に公開、各地で満席の回が続出する大ヒットとなっている本作が、第23回上海国際映画祭のインターナショナル・パノラマ部門へ出品。7月29日12時(現地時間9時)から行われるインターナショナルプレミア上映を含めた、3回行われるプレミア上映のチケットは発売開始後19分で全回全席が売り切れとなり、国内だけではない世界中の『劇場』への期待が伺える。

上海国際映画祭は全世界での新型コロナウイルスのパンデミック後、中国で最初に実施されるメジャーな国際映画祭として、「映画ファンがスクリーンで再会する」という思いを込めた“reunion”をテーマに7月25日から8月2日まで開催される映画祭。今回、『劇場』が出品するのは、インターナショナル・パノラマ部門内のSPECTRUM - NIPPON EXPRESS部門となっており、同部門には、斉藤工監督の「COMPLY+-ANCE」の出品も決定されている。

【行定勲監督コメント】
上海はかつて撮影をした私にとって忘れがたい特別な場所です。その地で映画『劇場』を観て頂けることを嬉しく思います。下北沢の小さな恋物語が上海の観客に響き、永田と沙希の姿が記憶に残ることを期待しています。


また、『劇場』は劇場公開同日に、Amazon Prime Video(以下Prime Video)にて全世界独占配信も開始、SNSを中心に本作への絶賛の感想は全世界に広がっている。上海国際映画祭への出品で『劇場』がさらに世界へと羽ばたくことが期待される。

大ヒット公開/配信中

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP