桜木紫乃の直木賞受賞作が待望の映画化 !波瑠主演『ホテルローヤル』ポスタービジュアル解禁!

(C)桜木紫乃/集英社 (C)2020映画「ホテルローヤル」製作委員会
7月30日(木)

原作は累計発行部数90万部を超える桜木紫乃の直木賞受賞作。桜木の実家だったラブホテルを舞台にした七編の連作小説を、現代と過去を交錯させ一つの物語へ大胆に映像化した『ホテルローヤル』よりポスタービジュアルが到着した。

誰にも言えない秘密や孤独を抱えた人々が「非日常」を求め今日もホテルローヤルを訪れる。心も身体もさらけ出した交歓がもたらす、少しの安らぎ・・・。欲望を満たすだけではなく、心まで優しく充たされる場所。本作では、そんなホテルローヤルと共に人生を歩む雅代(波瑠)が見つめてきた、切ない人間模様と人生の哀歓を描く。

雅代の視線の先には、彼女が淡い恋心を抱くアダルトグッズ会社の営業・宮川(松山ケンイチ)、ホテルローヤルの経営者で雅代の父親・大吉(安田顕)、家庭を顧みなくなった大吉に愛想を尽かせる母親・るり子(夏川結衣)、ホテルローヤルのパートタイム従業員(余貴美子、原扶貴子)、親に見捨てられた女子高生(伊藤沙莉)と、妻の浮気に耐える高校教師(岡山天音)、親との同居でなかなか肌を合わせる時間がない夫婦(正名僕蔵、内田慈)など様々な人たち。コピーにある「一人娘・雅代とホテルだけが知っている、それぞれの人間模様」とはどんなものなのか?切ない中にも温かさを感じるビジュアルは、北国のラブホテルで繰り広げられる群像劇の到来を予感させるものとなっている。

11月13日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP