幻のアクション映画が9年の時を経て、ついに完成する!『狂武蔵』予告編解禁!!!

(C)2020 CRAZY SAMURAI MUSASHI Film Partners
7月21日(火)

アクション映画『RE:BORN』で主演し、常に日本のアクションシーンを牽引し続ける坂口拓。彼が9年前に撮影し、日の目を見ぬまま眠っていた幻の“侍映画”が遂に映画『狂武蔵』として公開することが決定!

『GANTZ』『キングダム』シリーズのアクション監督を務めた下村勇ニがメガホンを取り、77分ワンシーン・ワンカットで撮影、坂口がたった独りで400人の相手を斬り捨てるという前代未聞かつ実験的とも言えるアクションに挑戦!
撮影中に坂口は、共演者に対して「本気でかかってこい!手を抜いたら殺す!」と周囲に圧をかけ撮影に臨み、その結果、リアルな緊張感の中、400人と本気で殺し合う宮本武蔵の姿を演じ切った。

解禁された予告編では、たった一人で次々と400人の侍を切り捨てて行く坂口拓演じる宮本武蔵が映しだされ、その鬼気迫る演技は、まさに観る者全員を圧倒するに充分の迫力となっている。物語の核となる77分の死闘シーンも多く盛り込まれており、本シーンの撮影開始5分で実際に指が折れ、肋骨も折れ、奥歯も砕け、死をも覚悟したという坂口の武蔵としての生き様を垣間見ることができる。物語の始まりが語られる作品の冒頭と結びの部分では、映画『キングダム』で坂口と共演した山﨑賢人が登場。今回山﨑は、親友・吉岡清十郎を坂口演じる武蔵に討たれたことにより深く悲しみ、その仇討ちに燃える、武士・忠助(ちゅうすけ)を演じる。武蔵の神業とも言える剣術に羨望を覚えつつも復讐に燃える山﨑の迫真の演技も必見。

『狂武蔵』予告編

2020年8月21日(金) 全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP