『バハールの涙』邦題&公開決定!

(C)2018 - Maneki Films - Wild Bunch - Arches Films - Gapbusters - 20 Steps Productions - RTBF (Télévision belge)
10月10日(水)

捕虜となった息子を助け出す為、銃を取って立ち上がったクルド人女性と、片眼の戦場ジャーナリストの“真実”の物語『Girls of the Sun』(英題)が、邦題『バハールの涙』として公開決定!

主演は【世界で最も美しい顔100人】トップ10の常連で、『パターソン』の好演が記憶に新しいイランを代表する女優ゴルシフテ・ファラハニと、カンヌ国際映画祭女優賞受賞歴のある演技派エマニュエル・ベルコ。監督は自ら内戦が続くクルド人自治区に赴き女性戦闘員たちを取材、登場人物たちの心情に寄り添った描写に定評のある、新進監督のエヴァ・ウッソン。

2019年1月下旬新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP