大泉洋主演『新解釈・三國志』!諸葛亮孔明にムロツヨシ、関羽に橋本さとし、張飛に高橋努が決定!!

(C)2020「新解釈・三國志」製作委員会 
4月3日(金)

「今日から俺は!!」、TVドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ、映画『銀魂』シリーズで、今やコメディ界屈指のヒットメーカーとして活躍の場を広げる福田雄一が実写化する、オリジナル脚本『新解釈・三國志』にムロツヨシ、橋本さとし、高橋努が参戦するとこがわかった。

誰もが一度は目や耳にしたことがある「三國志」とは、今からおよそ1800年前、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた書物の名称である。「三國志」の中には、魏の曹操、呉の孫権、蜀の劉備玄徳をはじめ、中華統一を目指す、一癖も二癖もある個性豊かな武将が登場し戦うことから、日本でも小説や漫画、そしてゲームなど多くのコンテンツが作られ、親しまれてきた。ただ、この「三國志」で語られる逸話の中には、現実味にかける話や解き明かされていない謎も数多く存在し、読み手によってこれまでさまざまな解釈がされてきた。

福田流・新解釈で主演を務めるのは、「蜀」の武将・劉備玄徳(りゅうびげんとく)!そんな劉備玄徳を演じるは、数々のドラマ・映画に出演し、シリアスからコメディまでその演技力で圧倒的な存在感を残す大泉洋。「劉備玄徳を大泉さんがやらないんだったら、これはもう全然やる必要のないものだという感覚でした。」と福田監督に言わしめた大泉が福田監督と初タッグを組み、誰も見たことのない歴史エンターテイメント作品を生み出す。この2人の初タッグ情報解禁時には、「絶対面白い組み合わせじゃん…」「早く映画見たい!!」の声が続出!全貌がまだ明かされていないにも関わらず、高い注目が集まっている。

ムロツヨシが演じるのは稀代の天才軍師として名高い諸葛亮孔明。のために采配を振い、明晰な判断力と予見力で敵を翻弄し、戦場に神算を描く【カリスマ軍師】として歴史上名高い人物である。それにも関わらず、映画化発表時には、大泉に“めちゃくちゃ軽い諸葛亮”と言わしめた、まさに“新解釈”された新しい諸葛亮孔明が誕生する。果たして、劉備が諸葛亮を仲間に加える為に、3度も家を訪ねたと逸話のある、「三顧の礼」は福田流・新解釈ではどのように描かれているのか。

また、劉備と共に「桃園の誓い」で義兄弟となる誓いを結び、仁義に生きる豪傑・関羽を演じるは、舞台や映画に声優など幅広いステージで注目を集める俳優・橋本さとし、と、超怪力の猛将・張飛を演じるは、アクションから、シリアスまで幅広い演技力で見るものを惹きつける俳優・高橋努。果たして歴史に名を残した英雄たちは、本当はどんな人物像だったのだろうか―?ボヤキ続ける劉備と共に蜀を盛り立て、“ワンチーム”で覇権争いを戦い抜く。

さらに、三(サン)國志を描く本作は、毎月3(サン)日に、この群雄割拠の戦いに参(サン)戦するメンバーと撮影現場での特別映像が発表&公開されることが明らかに!誰も見た事のない“新解釈の三國志”に是非ご期待を!

『新解釈・三國志』メイキング映像第一弾

12月11日(金)全国東宝系にて公開!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP