“睡眠の日”記念♡『水曜日が消えた』より中村倫也「7人の僕」寝顔写真解禁!

(C)2020『水曜日が消えた』製作委員会
3月18日(水)

1人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている“7人の僕”が主人公。そのうちの最も地味でつまらない、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語『水曜日が消えた』より、本日3月18日(水)の「睡眠の日」を記念して、中村倫也演じる「7人の僕」の劇中寝顔写真が解禁された。

自宅のベッドで眠る写真、椅子に寄りかかり寝落ちしてしまった写真からはリラックスしている様子がうかがえるが、路上で薔薇の花びらに囲まれ、倒れて眠ってしまった写真は彼に“何か”が起こってしまっていることを感じさせる。ベッドで肘をついているメイキングスチールは、ファンにはたまらない貴重な一枚だ。

メガホンをとったのは次の時代を担う気鋭の映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人2019」に選ばれるなど注目を集める吉野耕平。今回、満を持して自身発案の完全オリジナル脚本で長編映画デビューを果たし、監督・脚本・VFXをすべて自ら担当した。このタッグに、石橋菜津美、深川麻衣、きたろう、中島歩、休日課長ら豪華俳優陣が集結した。

吉野監督は本作での中村倫也の印象に残った演技に関して、「“火曜日”が目覚める時のリアクション」を挙げている。目覚める時のリアクションは中村が「『ホーム・アローン』っぽくやってみました!」と自ら提案したところから生まれた演技であり、「僕としては、次はどんなお芝居を見せてくれるんだろう、何が出てくるんだろうって、すごく楽しみでした。」と、現場でのやり取りを明かしている。

未来の日本映画界を担う特別な才能―吉野耕平×中村倫也―の出会いが生み出した細かな演出にも是非ご注目を!

5月15日(金) TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP