『ハリエット』主演女優賞、歌曲賞2部門ノミネート!

(C) Universal Pictures
1月14日(火)

アフリカ系アメリカ人として史上初めて米ドル新紙幣に採用され、アメリカでは誰もが知る、実在の奴隷解放運動家、ハリエット・タブマンの激動の人生を描いた話題の映画『ハリエット』。1月13日(月)日本時間に「第92回アカデミー賞」ノミネートが発表され、シンシア・エリヴォが見事、主演女優賞、主題歌の「スタンド・アップ」が歌曲賞にノミネートされた!

タブマンを演じるのは、ミュージカル「カラー・パープル」の主人公セリー役でブロードウェイ・デビューを果たして2016年のトニー賞主演女優賞、グラミー賞、エミー賞ほか数々の賞を総なめにした、実力派スター、シンシア・エリヴォ。映画出演たった3作目の『ハリエット』で初主演を務め、アカデミー賞の最重要前哨戦と言われる第77回ゴールデングローブ賞の主演女優賞と、自ら歌うテーマ曲「スタンド・アップ」が主題歌賞にダブルノミネートという快挙を果たした。監督は、『プレイヤー/死の祈り』(97)などで知られる女性監督、ケイシー・レモンズ。崇高な使命のため命をかける女性を描いた感動の物語とシンシア・エリヴォが紡ぐ魂の演技と歌が、いよいよ日本で公開を迎える。

シンシアは、東京国際フォーラムホールAで1月16日・17日開催の『シンシア・エリヴォミュージカルコンサートfeaturingマシュー・モリソン&三浦春馬』の公演で14日より来日。本コンサートで『ハリエット』のテーマ曲「スタンド・アップ」を歌唱する予定だ。

3月27日(金)TOHOシネマズシャンテ他 全国ロードショー!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP