『ジョジョ・ラビット』作品賞、助演女優賞他、6部門ノミネート!!

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC
1月14日(火)

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(17)のタイカ・ワイティティ監督最新作、FOXサーチライト作品『ジョジョ・ラビット』。本時間1月13日に第92回アカデミー賞のノミネート発表があり本作が作品賞、助演女優賞(スカーレット・ヨハンソン)の主要部門をはじめ、脚色賞、編集賞、美術賞、衣裳デザイン賞と見事6部門にノミネート!!

アカデミー賞に最も近いと言われるトロント国際映画祭の最高賞<観客賞>を受賞し、アカデミー賞大本命の1本として話題騒然の本作。『マイティ・ソー バトルロイヤル』をはじめ快作を連発し、<天才>と称される恐るべき才能で世界中を魅了しているタイカ・ワイティティが、監督・脚本・製作・出演までを一手に担った本作でついにオスカーの栄冠を手にするのか!?

そして、助演女優賞ノミネートのスカーレット・ヨハンソンはなんと主演女優賞(『マリッジ・ストーリー』)とのWノミネートで、名実ともにハリウッドのトップ女優であることを見せつける結果に。ワイティティの唯一無二のセンスによる映像世界の創出を支えた実力確かなスタッフ陣も数多くノミネートされており、受賞にむけ大いに期待が高まる!!

1月17日(金) 全国公開!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP