『スキャンダル』主演女優賞、助演女優賞ほかアカデミー賞3部門ノミネート!

(C)Lions Gate Entertainment Inc.
1月14日(火)

各映画賞レースでノミネートや受賞を果たし、シャーリーズ・セロンとニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーというハリウッドの至宝3大女優の豪華競演でも話題を呼んでいる映画『スキャンダル』が米国時間1月13日に発表となった第92回アカデミー賞で3部門にノミネートされた。

ノミネートされたのは、主演女優賞:シャーリーズ・セロン、助演女優賞:マーゴット・ロビー、メイクアップ&ヘアスタイリング賞:Kazu Hiro(辻一弘)ほか。

本作は、第88回アカデミー賞主演男優賞ノミネート『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』のジェイ・ローチ監督と、同年アカデミー賞脚色賞受賞『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を手掛けた脚本家チャールズ・ランドルフがタッグを組み、全米最大テレビ局「FOXニュース」の実話スキャンダルの裏側を赤裸々に描いた衝撃作。

シャーリーズ・セロンがプロデューサー兼、主演として実在する売れっ子キャスターのメーガン・ケリーを演じている。シャーリーズがオスカー受賞となった際には、2004年度第76回の『モンスター』以来16年ぶりの快挙となる。またシャーリーズがメーガンになりきるための驚異の再現度を実現したのは、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で第90回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したKazu Hiro(辻一弘)氏。本作で2年ぶり、4度目のオスカーノミネートとなる。貪欲な若手キャスターのケイラ・ポスピシルを演じたマーゴット・ロビーは『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で第90回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされているが、助演女優賞でノミネートされるのは初。

2月21日(金) TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP