『ジョジョ・ラビット』第77回ゴールデングローブ賞、主要2部門ノミネート!

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(17)のタイカ・ワイティティ監督最新作、FOXサーチライト作品『ジョジョ・ラビット』が第77回ゴールデングローブ賞の作品賞(ミュージカル&コメディ部門)と、主演男優賞(ローマン・グリフィン・デイビス/ミュージカル&コメディ部門)の主要2部門にノミネート!

アカデミー賞に最も近いと言われるトロント国際映画祭の最高賞<観客賞>を受賞し、アカデミー賞大本命の1本として話題騒然の本作が、その前哨戦として最重要視され、世界中から注目を集めるゴールデングローブ賞においても作品賞(ミュージカル&コメディ部門)と主演男優賞(ローマン・グリフィン・デイビス)の2部門で見事ノミネートを果たした!

本作で監督・脚本を務めるタイカ・ワイティティの、『マイティ・ソー バトルロイヤル』をはじめ快作を連発し<天才>と称されるその恐るべき才能が、いよいよゴールデングローブ賞の栄冠に輝くのか!?

そして、今回のノミネートで最大級のインパクトを残したのが、映画初出演にして主演男優賞(ミュージカル&コメディ部門)に驚異のノミネートを果たした新星ローマン・グリフィン・デイビス!何か月も続いていた本作のオーディションを一瞬で終わらせたという逸話を証明するかのごとく、錚々たるオスカー俳優たちと並んでのノミネートを果たしており、ここから本格化するアカデミー賞レースを『ジョジョ・ラビット』が席巻する予感を漂わすノミネート結果となった。第77回ゴールデングローブ賞授賞式は、日本時間1月6日(月)に開催予定。

2020年1月17日(金) 全国公開!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP