『シン・ウルトラマン』追加キャスト発表!!

(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会/(C)円谷プロ
9月25日(水)

昭和41年(1966年)の放送開始以来、海外でも100を超える地域で放送され、今なお根強い人気を誇る、日本を代表するヒーロー“ウルトラマン”を、企画・脚本:庵野秀明、監督:樋口真嗣の『シン・ゴジラ』タッグで映画化する『シン・ウルトラマン』の追加キャストが解禁された。

先に発表したキャスト、斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊は、様々な脅威に立ち向かうメンバーという役どころになりますが、同じメンバーの一員として、Hey! Say! JUMPの一員で興行収入93億円を記録した映画『劇場版コード・ブルー—ドクターヘリ緊急救命―』での熱演が記憶に新しい有岡大貴、ドラマ「ラーメン大好き小泉さん」映画『百瀬、こっちを向いて』等数々の出演作でその独特の存在感を放つ早見あかり、舞台・テレビドラマ・映画とあらゆるジャンルで活躍する日本を代表する実力派俳優田中哲司の出演が決定。有岡大貴は、斎藤・長澤・西島とは初共演、庵野秀明・樋口真嗣作品へも初出演となる。

その他、物語の鍵を握る役どころで、山本耕史、岩松了、長塚圭史、嶋田久作、益岡徹、 山崎一、和田聰宏といった演技派・個性派キャストが出演する。

また、12月14日(土)・15(日)の2日間に亘って、東京ドームシティ(水道橋)にて行われる円谷プロ史上最大の祭典【TSUBURAYA CONVENTION 2019】のオープニングセレモニー(12月14日(土)午前10時開演・TOKYO DOME CITY HALL)に本作『シン・ウルトラマン』の樋口真嗣監督と主演の斎藤工の登壇が決定!会場での新たなる情報の解禁も予定している。

『シン・ゴジラ』が初代『ゴジラ(1954年)』の現代社会での再構築であったように、放送開始当時初めてテレビで“ウルトラマン”を目撃した時と同様の衝撃を再びもたらすことを目指す『シン・ウルトラマン』。様々な言葉の意味を持ちうる「シン」の言葉を冠にした新たなプロジェクトに、強力なキャスト陣が加わり、いよいよ本格始動となる!

2021年 全国東宝系にて公開予定   

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

シン・ウルトラマン

関連するシネマNEWS

TOP