マット・デイモン × クリスチャン・ベイル共演!『フォードvsフェラーリ』トロント国際映画祭でワールド・プレミア実施!

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
9月11日(水)

現地時間9月5日(木)に幕を開けた北米最大の映画祭<第44回トロント国際映画祭>。米アカデミー賞の行方を占う映画祭とあってアメリカ、カナダのみならず世界中からマスコミが集結。そんな中、アカデミー賞俳優のマット・デイモンとクリスチャン・ベイルが初共演することで話題を集め、早くも本年度の賞レース最重要作品とも称される『フォードvsフェラーリ』のワールド・プレミア(現地時間9日)、記者会見(現地時間10日)が行われた。

1966年の伝説のレース“ル・マン24時間耐久レース”で絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いた奇跡の実話を描いた本作。ワールド・プレミアには主演のマット・デイモン&クリスチャン・ベイルをはじめトレイシー・レッツ(『レディ・バード』)、カトリーナ・バルフ(『アウトランダー』)、ノア・ジュプ(『ワンダー 君は太陽』)、ジョシュ・ルーカス(『アメリカン・サイコ』)、ジョナサン・ラパーリア(「コールドケース 迷宮事件簿」)、ジェームズ・マンゴールド監督(『LOGAN/ローガン』)ら人気、実力派のスタッフキャスト陣が一堂に会し、レッドカーペット上では世界各国から訪れたファンたちへサインや記念撮影に応じ本作への自信と期待を胸に思い思いの時間を過ごした。その後行われたプレミア上映ではスタンディングオベーションが巻き起こりその拍手は鳴り止むことなく、また一つ歴史に名を刻む名作の誕生を祝福した。

記者会見に出席したクリスチャン・ベイルは「喧嘩をしてもなお、お互いを認め合っている、主人公2人の“友情”の描き方。そして、個性的で情熱溢れる人間性にとても惹かれよ。」と、本作の魅力について触れると、ジェームズ・マンゴールド監督も「本作は“友情”が大きなテーマになっているんだ。車だけでなく主人公2人を中心にした人間ドラマに注目してほしい」と、本作のストーリー性についてアピールした。

アメリカの大手メディア、ウォール・ストリート・ジャーナルも「全編を通してスリル満点。退屈なシーンは一瞬たりと無い」と絶賛。エンターテイメント・ウィークリーでも「主人公2人の人間ドラマが非常にうまくまとめられており、脚本に非の打ち所がない」など、称賛が相次いでおり早くも来年度アカデミー賞有力との声もあがっている。

監督は『LOGAN/ローガン』のジェームズ・マンゴールド。男たちの意地とプライドをかけた闘いが幕をあける!

2020年1月全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP