『ホームステイ ボクと僕の100日間』タイの人気マンガ家タムくん描き下ろし漫画とイラスト解禁!

(C)2018 GDH 559 CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED 
9月10日(火)

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の製作チームが贈るタイ発の青春ファンタジー『ホームステイ ボクと僕の100日間』。本作にインスパイアされ、タイの人気マンガ家タムくんが人気キャラクター・マムアンちゃんを用いて描き下ろしたコラボ4コマ漫画&イラストが解禁された。

PVも手がけた くるり や、星野源、高橋一生など日本の芸能界からも絶大なる支持を受けるタイ出身の人気マンガ家タムくんこと、ウィスット・ポンニミット。直木賞受賞作家・森絵都の小説「カラフル」の舞台をタイに移して映画化した本作は、死んだはずの”ボク”の魂が、自殺した高校生ミンの肉体に”ホームステイ”し、人生をやり直すというストーリー。4コマ漫画では「体がきれいになって、幸せになる」「体は心の家なのだから」などの言葉が書き込まれ、映画の”生まれ変わる”というテーマを扱った内容となっている。

イラストは『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』のティラードン・スパパンピンヨー演じる主人公”ボク”と、BNK48キャプテンを務めるタイの国民的アイドルであるチャープラン演じるヒロインのパイが、見つめ合う様子が描かれている。

◆ウィスット・ポンニミット
愛称タムくん。タイ・バンコク生まれ。09年『ヒーシーイットアクア』により文化庁メディア芸術祭マンガ部門奨励賞受賞。主な作品に『リンネル』や『THE BIG ISSUE』で連載するキュートな女の子のキャラクター「マムアンちゃん」シリーズ。マンガ家・アーティストとして多方面で活躍中。

10月5日(土)より武蔵野館館ほかにて全国順次ロードショー!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP