佐藤健の慟哭が胸を打つ!!『ひとよ』本予告解禁!

(C)2019「ひとよ」製作委員会
9月10日(火)

早くも今秋の大本命として注目を集める、白石和彌監督の最新作『ひとよ』から本予告が到着した。

映像は、15年越しの再会にも関わらず、雄二がこはるに「子供たちの人生がめちゃくちゃになってるとき、何しに帰ってきたんですか?」と、痛烈な問いを浴びせかけるシーンからスタート。子どもたちの幸せを守るため、愛する夫を手にかけてしまったこはるに対し、元々稲村家で営業していたタクシー会社を受け継ぎ「稲丸タクシー」として切り盛りする社長の丸尾進(音尾琢真)や、事務員の柴田弓(筒井真理子)は、「何も悪くないよ」と肯定。こはるの帰りを15年間待ち続けた園子も、「お母さんはあの人から私たちを助けてくれたんじゃん!」と必死に叫ぶ。しかし、稲丸タクシーの事務所には事件に関するゴシップ記事のコピーが大量に張り付けられ、新人ドライバー・堂下道生(佐々木蔵之介)はハンドルを握りながら絶叫し、園子が雄二に摑みかかるなど、こはるが帰ってきたことによって、何やら不穏な様子も…。

たった“ひとよ”(一夜)の事件によって、人生が決定的に変わってしまった家族のドラマを、豪華出演陣と、今最も俳優が出演を熱望する映画監督の一人、白石和彌が重厚なストーリーで紡ぎ出す本作。「どっからやり直したらいいのか教えろよ!」と顔をくしゃくしゃにして慟哭する佐藤の熱演も収められており、新鮮な無精ヒゲ姿だけでなく、これまでの印象とは全く異なる新たな一面を垣間見ることが出来る。

子供たちのために罪を犯した母親は、家族を救ったのか?それとも、家族を破滅に追いやったのか?15年の年月を経た“家族”の再会がもたらす試練は、各々の“善悪”の在処を揺り動かしながら、激しくも魂を震わせる結末を導いてゆく─!

『ひとよ』本予告

11月8日(金)全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP