平成最後の年に、平成で一番ヤバい日本映画の実写化が決定!

©2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
9月18日(火)

ベストセラー作家・冲方丁の現代サスペンスの傑作「十二人の死にたい子どもたち」が堤幸彦監督によって実写化される!
出演者全員の顔を塗りつぶしたティザービジュアル。そして同時に解禁された特報では12人の未成年が続けざまに「死にたい」とつぶやく衝撃的な内容…
現時点で“死にたい子供たち”を演じる12人の俳優の名前は一切不明。ただ一つ判明しているのは、今いちばん旬な若手スターたちが集結しているということ。

巧妙なトリックと心理描写、独自の映像センスで数々の大ヒットサスペンス映画を手掛けてきた堤監督と、彼が選んだ気鋭の12人の若手人気俳優(詳細不明)の剥き出しの演技バトルで全く新しい「新感覚・密室サスペンス」が誕生!

特報

2019年1月 全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP