樹木希林、遺作にして世界デビュー作『命みじかし、恋せよ乙女』ポスタービジュアル 予告編解禁!

(C)2019 OLGA FILM GMBH, ROLIZE GMBH & CO. KG
6月12日(水)

樹木希林の世界デビュー作であり、女優としての最後の出演作となった映画『Cherry Blossoms and Demons(原題)』が邦題『命みじかし、恋せよ乙女』に決定、8月16日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開が決定!ポスタービジュアルと予告編映像が公開された。

ポスターは茅ヶ崎館の美しい庭を背景に、スノードームを見つめる意味深長な茅ヶ崎館の老女将(樹木希林)の姿と茅ヶ崎の海、そしてカールの生まれ故郷であるドイツの森の中で目を閉じるカールといった、三場面が組み合わさり物語性を感じられる1枚となっている。

予告編ではカールとユウの不可思議な出会いをはじめ、日本を訪れたカールを迎える老女将であり、海外作品初出演となった樹木希林の様子も映し出されている。また、「あなた生きてるんだから、幸せにならなきゃ駄目ね。」という、まるで樹木が今を生きる人すべてに向け放ったような重要なセリフも収められた映像となっている。

『命みじかし、恋せよ乙女』予告編

8月16日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP