祝!愛犬の日『ジョン・ウィック:パラベラム』感動の特別映像が到着!!

(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
5月13日(月)

スタイリッシュなスーツに身を包んで魅せる、銃と体術を組み合わせたキレ味鋭い流麗なアクション:ガン・フーと、コミックの世界から飛び出てきた様な独自の世界観が全世界を熱狂させ大ヒットとなった『ジョン・ウィック』シリーズ最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』。

5月13日 = “愛犬の日”を祝して、孤独な男ジョン・ウィックと、名もなき愛犬の日々を綴る感動の特別映像が解禁された!

シリーズ一作目では、亡き妻が残してくれたビーグル犬・デイジーの命を奪ったロシアン・マフィアに対して、復讐の鬼と化し、ニューヨーク最大の組織を崩壊させたジョン。彼にとって愛犬は“家族以上の存在”なのだ。今回到着した特別映像では、愛犬への愛情が伝わるシーンが盛りだくさん! デイジーを失ったジョンは、1作目のラストで運命的に出会った新たな相棒と共に人生を歩んでいく事を決意。「お名前は?」と尋ねられても、心が通じ合っていれば名前に頼る必要すらないと言わんばかりに「ない」と即答するジョンからは、愛犬への厚い信頼と深い愛情が感じられ、ワンちゃんにもその気持ちが伝わっている様だ。いつでも側に寄り添い、いざ主人が過酷な戦いに身を投じると、その帰りを健気に待つ、忠犬・ハチ公の様な姿には胸を打たれずにはいられない。映像内でも「これは、人と犬の境界を越えた絆の物語」と語られるように、主従の関係を越えた孤独な男と名もなき犬の物語は、アクション映画ファンのみならず、愛犬家たちの感動をも誘っている。

10月に公開となる最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』では、裏社会の聖域:コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破ってしまったジョンが、聖域から追放され、孤立無援に。復讐の果てに傷だらけの逃亡者となったジョンに次々と襲い来る、最強の殺し屋たちとの死闘の先に待つものとは…。3作に渡って続くジョン・ウィックの死闘がいよいよクライマックスを迎える本作でも、愛犬の忠誠心は健在! 

またアカデミー賞女優・ハル・ベリー演じる、ジョンと過去の因縁を持つ謎の女・ソフィアも愛犬家だということが判明!新たな犬(ワン)・フーアクションにも期待が高まる!

『ジョン・ウィック:パラベラム』祝!愛犬の日 特別映像

【ジョン・ウィックの愛犬 プロフィール】
犬種:アメリカン・ピット・ブル・テリア(愛称:ピットブル)  性別:オス
特徴:ひたむきで忠実、任務への高い集中力
長所:熱心でイタズラ好き、パワフル、とても勇敢、友好的
短所:躾が不十分な場合、過度に、攻撃的なじゃれ方をする
本作での見どころ:ジョン・ウィックの顔を、これでもかというくらい舐めまわすシーン

10月全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP