主演:香取慎吾×監督:白石和彌『凪待ち』予告編映像解禁!

(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS  
4月23日(火)

『人類資金』『クソ野郎と美しき世界』の香取慎吾(かとりしんご)主演、『孤狼の血』『麻雀放浪記2020』などの白石和彌(しらいしかずや)監督による『凪待ち』の公開が決定!!

『雪に願うこと』『クライマーズ・ハイ』の加藤正人の脚本によって、2018年6月~7月、岩手県石巻市を中心に撮影された本作は、人生どん底まで墜ちきった男のバイオレンスと狂気、怒りと裏切り、不条理と悲劇、そして映画史上最も切ない暴力を描いた衝撃のヒューマンサスペンス。「こんな香取慎吾、見た事が無い」と、マスコミ陣が口を揃える主演・香取(郁男役)の、“悲しみ”と“狂気”が交錯する演技に誰もが目を惹く本作の予告編映像が完成した。

また、恋人の娘役の美波役・恒松祐里(つねまつゆり)の香取と見せるガチンコな演技力には、監督が以前から注目していたというその才能を観る事ができる。郁男の恋人・亜弓を演じた西田尚美(にしだなおみ)は、「現場に西田さんがいるととても安心した」という香取の言葉からも分かる通り、姉さん女房としての役どころにぴったりとはまっている。 また、監督が若松孝二監督の助監督時代のスターとして見てきた吉澤健(よしざわけん)も、石巻で郁男や美波とともに暮らし始める亜弓の父親役として登場し、本作の重要な役どころを努めた。白石組常連としてお馴染みの音尾琢真(おとおたくま)は、亜弓の元旦那・美波の実父として石巻に住む男を演じ、本作でもその味のある芝居は健在。そして、香取が現場で思わず高揚する気持ちを押し殺したというリリー・フランキーの方言まじりのリアリティある演技に息を飲むことは間違いなし。

『凪待ち』予告編(90秒)

6月TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP