ようこそシネマNAVIへ 
シネマNEWS  
『犬ヶ島』ウェス・アンダーソン監督13年ぶりの来日実現に、ファン感動の涙!!
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

本作の舞台となった日本での公開を記念し、ウェス・アンダーソン監督が13年ぶりに来日!監督とともに来日したコーユー・ランキン、ジェフ・ゴールドブラムとともに5月21日(月)ユーロライブにてトークイベントが実施された!

日本を舞台の映画を作ろうと思ったきっかけについて問われたウェスは「まず、僕が初めて観た日本映画は『タンポポ』で、そのあとも黒澤明監督の『羅生門』なんかも観ていた。僕は10代のころから40年近く日本の映画を観続けて、ずっと日本映画に影響を受けてきたんだ。」と、持ち前の日本映画愛を明かし、「2004年にはじめて来日したとき、本当に日本が大好きになったよ。その時は絶対に日本を舞台に映画を撮りたいという気持ちで日本を離れたんだ。今回の作品はストップモーション・アニメーションになったから日本で撮影できていないことはちょっと予想外だったけれど(笑)でも、今回はクン(野村訓市さん)がサポートをしてくれたおかげで、素晴らしいコラボレートが実現できたと思っているよ。」とコメントした。

5月25日(金) 全国公開!!