ようこそシネマNAVIへ 
シネマNEWS  
『サバービコン 仮面を被った街』マット・デイモン演じるクセモノキャラの本編映像解禁!
(C)2017 SUBURBICON BLACK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ジョージ・クルーニー監督、ジョエル&イーサン・コーエン脚本最新作『サバ―ビコン 仮面を被った街』。

解禁された映像は、妻を強盗に殺され、傷心のガードナー・ロッジ(マット・デイモン)の元に警官が訪れるというシーン。肝心の捜査状況を問うガードナーに対し、警官はなぜかマフィアが殺されたという事実を告げるのみ。傷だらけのガードナーに一体何があたのか?マフィア殺しとの関係は…?平凡な男に隠された裏の顔を感じさせる絶妙なシーンとなっている。

本作でガードナー役を演じるにあたり、マット・デイモンは時代にあった体格を研究。「50年代の男は現代人のように運動をしなかった。細身かでっぷり太っているかのどちらかだった。」と分析し、「僕の祖父が太っている方だったので祖父に体格を似せようと思った。」と明かし、マットは数ポンド、体重を増量して撮影に臨んだ。体重増量で挑んだクセモノキャラに隠された裏の顔とは!?

本編映像

5月4日(金) TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー