ようこそシネマNAVIへ 
シネマNEWS  
是枝裕和監督最新作『万引き家族』場面写真一挙初解禁!!是枝監督が明かす、キャスティング理由とは?
(C)2018『万引き家族』 製作委員会

『三度目の殺人』が数々の賞で称えられた是枝裕和監督の長編14作目となる待望の新作『万引き家族』。様々な“家族のかたち”を描き続けてきた是枝監督が、この10年間考え続けてきたことを全部込めたと語る渾身作。

キャスティングについて、是枝監督は『そして父になる』でリリーが扮した電気店を営む父親役のイメージが大きかったといい「あんなリリーさんをもう一回撮ってみたいと思いました。人間の中にあるちょっとした悪い部分、駄目な部分を表現するのが、リリーさんはすごく上手なんですよね」と語った。

解禁となった場面写真では、足りない生活費を万引きで稼ごうとスーパーに出向く治(リリー)と祥太(城)や冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていたことから家に連れて帰ったじゅり(佐々木)を抱きしめる信代(安藤)、亜紀(松岡)と初枝(樹木)の姿、治と信代とじゅりが仲睦まじく川の字に寝そべる様子などが映し出されており、是枝監督が新たに描く“家族のかたち”が垣間見られる。

6月8日(金) TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー