ようこそシネマNAVIへ 
シネマNEWS  
『BPM ビート・パー・ミニット』本編映像&新場面写真解禁!
(C)Céline Nieszawer

第70 回カンヌ国際映画祭においてグランプリを受賞し話題となっている、ロバン・カンピヨ監督最新作『BPM ビート・パー・ミニット』。ACT-UP のメンバーたちのコミュニティの場でもある、エモーショナルなクラブシーン(本編映像)が解禁となった!

このクラブシーンで流れる本作のテーマ曲ブロンスキー・ビートの「スモールタウン・ボーイ」は、1984 年の楽曲発表当時 “世界初ゲイコミュニティの希望の曲”と称され、HIV/エイズに侵され明日の命も保証されない恐怖と闘いながら も、強く生きてゆく ACT-UP のメンバーたちを描いた本作には欠かせない一曲。この楽曲について、カンピヨ監督は「私がこの曲を選んだ理由は、このコンサートで目にした光景を映画で再現したいと思ったからです。」とコメントした。

本編映像

3/24 (土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、ユーロスペース他にて全国ロードショー