ようこそシネマNAVIへ 
シネマNEWS  
全ての者に訪れる「死」にどう向き合うのか。『ラッキー』感動の予告編解禁!
(C)2016 FILM TROOPE, LLC All Rights Reserved

2017年9月に亡くなった『パリ、テキサス』、『レポマン』、『エイリアン』などで知られる名優ハリー・ディーン・スタントン最後の主演作『ラッキー』。本作は、自由で堅物で一匹狼、90歳の頑固じいさんラッキーとちょっと風変わりな街の人々の交流を描いた物語。

解禁する予告では、日々の暮らしの中で、身体の衰えと共に、人生の終わりが近づいていることを思い知らされたラッキー。「人はみな生まれる時も、死ぬ時も一人だ」と気丈に語るも、その裏側では「死」への恐怖を口にする。全ての者に訪れる「死」について、どう向きあうのか、ラッキーが見出したその答えとは…。胸を打つ感動の予告編が完成した。

友人役として映画監督のデヴィッド・リンチも出演しており、実際、長きにわたる友人である二人の”素”を思わせるやりとりを見ることができる。

『ラッキー』予告編

2018年3月17日(土)、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開