ようこそシネマNAVIへ 
シネマNEWS  
『不都合な真実2:放置された地球』アル・ゴア氏、第30回東京国際映画祭登壇!
(C)2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

第30回東京国際映画祭で、東京グランプリ発表の為、審査委員長を務める、トミー・リー・ジョーンズと小池百合子東京都知事が登場。ジョーンズから「53年間もの友情を築いてきた方であり、映画界でも様々な賞を受賞された製作者であり、思慮深い方でもあります。そして今回多くの製作者のように続編をつくられました。ゴアさんに映画を語ってもらえたらと思います。カモン、アル!」という紹介の後、アル・ゴアが登場!ゴアははじめに「どうもありがとう」と日本語で挨拶。続けて「今回、東京国際映画祭に招待していただき、私の作品をクロージング作品として選んでいただき光栄です」と改めて感謝を述べたゴア。続けてジョーンズについて「旧友のトミーに会えるなんて、夢にも思わなかったのでとても驚きました(笑)彼とは長い付き合いなんです。このような形で会えて嬉しいです」とコメント。映画については「この映画を観て、感じて、この映画をきっかけとしてチャレンジできることを考えてほしい」と語った。

11月17日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開