ようこそシネマNAVIへ 
シネマNEWS  
バリアフリー上映の新技術≪UDCast≫方式が 『三度目の殺人』から本格導入開始!!
(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ

是枝裕和監督最新作『三度目の殺人』。『そして父になる』から4年、是枝監督と2度目のタッグとなる福山雅治を主演に、是枝組初参加となる名優・役所広司を迎えた本作は、監督が近年描いてきたホームドラマから一転し、かねてより挑戦したいと考えていた法廷を舞台にした心理サスペンスとなっている。
第74回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門正式出品受け、ますます注目を集める本作の公開に合わせ、バリアフリー上映の新技術『UDCast』方式対応の字幕表示用メガネ機器の貸し出しが全国ロードショー作品で初の導入が決定した!!

UDCastとは・・・
映画・映像・放送等の「音声」をスマートフォン等の携帯端末のマイクが拾うことで、その端末を通じて、字幕や手話の表示、音声ガイドの再生等を行うことのできるアプリケーション。「見えない、見えにくい方」「聞こえない、聞こえにくい方」が、いつでも、どこでも劇場で映画を楽しめるよう、「三度目の殺人」では視覚障害者用音声ガイドと聴覚障害者用日本語字幕をセットで提供。

9月9日(土)全国ロードショー