ようこそシネマNAVIへ 
シネマNEWS  
『不都合な真実2:放置された地球』第30回東京国際映画祭のクロージング作品に決定!!
(C)2017 Paramount Pictures. All Rights Reserve

アル・ゴア元アメリカ副大統領が出演し、地球と人類の未来を予見するドキュメンタリー『不都合な真実』は、第 79回アカデミー賞で2部門(長編ドキュメンタリー賞/主題歌賞)受賞、ドキュメンタリー映画史上に残る記録的大ヒットとなり、また翌07年には地球環境問題の啓発に貢献したとしてアル・ゴアはノーベル平和賞を授与された。その続編となる『不都合な真実2:放置された地球』。本作が、第30回東京国際映画祭のクロージング作品に決定した!!クロージング作品としては、初のドキュメンタリー映画となる。

日々進行し続ける地球温暖化に対し警鐘を鳴らす本作は、2020年にオリンピック・パラリンピックを控え、“環境にやさしい大会”、“環境都市”の実現を目指す東京で開かれる映画祭で上映するにふさわしい、今こそ観るべき作品であるといえる。

11月17日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開