ようこそシネマNAVIへ 
シネマNEWS  
是枝裕和監督作『三度目の殺人』現代最高峰の作曲家・ピアニスト “巨匠”エイナウディを音楽に起用!

ニーノ・ロータ、モリコーネに続くイタリアの“巨匠”作曲家、ルドヴィコ・エイナウディが是枝裕和監督の最新作『三度目の殺人』の音楽を担当することが決定した!

大ヒットを記録した『そして父になる』の是枝裕和監督と福山雅治の2度目のタッグで話題の映画『三度目の殺人』。役所浩二、広瀬すずほか豪華キャストも注目されているが、音楽に驚きの世界的アーティストが起用されたことが発表された。「現在世界で最も聴かれている=愛されている」クラシック系作曲家・ピアニスト、ルドヴィコ・エイナウディだ。ルドヴィコ・エイナウディは「このプロジェクトに関わることができて大変うれしいです。映画の中には雪のシーンがありましたが、雪の中では周りの音があまり聞こえなくなって、自分の中にある気持ちや感情を感じさせてくれると思いますが、そのような部分を音楽で表現できたらと思っています」とコメントを寄せている。

2017年9月全国ロードショー